少人数からでも大丈夫|思い出に残る結婚式を挙げよう

花嫁

盛り上がるもの

プレゼント

結婚式の二次会では、様々な催し物が催されます。特に一般的なものはゲームで、景品を懸けてビンゴなどを行う事が多いでしょう。二次会を成功させるためには、この景品選びもかなり重要となります。

詳しく見る

時代と共に変わる結婚観

ウェディング

こんなタイプの女性も多い

大阪でも働く女性は多く、「結婚なんてしなくていいわ」と独身を謳歌する女性も増えてきました。しかし、その一方で、結婚に憧れる女性というのは、いつの時代にも多く存在します。結婚についての概念もそうですが、結婚式についても変化がみられます。バブル時代には、大金をかけ派手に大きく式を挙げるパターンも多かったのですが、最近では、小規模の結婚式の多さが目立ちます。大阪も例外ではありません。経済的な背景もありますし、晩婚化の影響もあります。年齢と共に考え方も落ち着いてきますから、その結果少人数の結婚式を選ぶということはありえます。

式は挙げるか挙げないか

例えばこんなパターンもあります。「結婚はするけど、結婚式はあげなくていいよね」と言っていた夫婦が、でも少人数で結婚式ができるいい場所があるなら、やっぱり挙げようか、となる事もあります。中には、準備が大変なイメージがあり、結婚式は乗り気でなかった人が、少人数なら..と意識が変わる事もあります。大阪にも少人数で結婚式を挙げられる所があります。少人数なら、会場はさほど広くなくても間に合います。また、人数が少なければ参列者ひとり一人の表情もよく見えるでしょう。家族や、限られた仲間だけだったら、気疲れも少なく済みそうです。また大阪は人気スポットでもあるため、結婚式場の貸し切り費用も高い場所が多いでしょう。しかし少人数の場合小さめのホールを借りることができるので、その分費用を安く抑えることができます。結婚式をひっそりと行いたい、結婚生活や子育てに備えて資金を蓄えたいと考える方は、少人数という選択肢も視野にいれるべきでしょう。

式に参列できない場合

招待状

「結婚式には行けないが、電報だけでも届けて祝福の意志を伝えたい」というのは、昔からよくある話でした。しかし近年では単なる電報では味気ないので、何らかの工夫をして届けたいと考える人が増え、ぬいぐるみやバルーンにそれを付けています。今後もこの傾向は続いていくでしょう。

詳しく見る

憧れの海外挙式

花嫁

ハワイでの結婚式は費用面などメリットがとても多く、近年特に人気になっています。しかし、海外で行うからこそ綿密な打ち合わせが必要で早めに準備をするべきです。素敵な思い出を残すためにもフォト撮影の事前打ち合わせも忘れてはいけません。

詳しく見る