少人数からでも大丈夫|思い出に残る結婚式を挙げよう

結婚式

式に参列できない場合

招待状

お祝いの言葉を贈ろう

「せっかく招待された結婚式に足を運べない」という悩みを抱える人は少なくありません。仕事が忙しいとか、病気がちで遠方に赴く体力がないなど、その理由は様々です。ではそんなときにどうすればよいのかと言いますと、「結婚式場に電報を送る」という方法が有効です。これは昔から存在するサービスでして、新郎新婦に対し祝福の意を伝えるのに重宝されてきました。しかし単純に電報を届けるだけでは味気ないという人もいます。そういう場合には工夫をしてください。最近ではかわいらしいキャラクター(ぬいぐるみ)やバルーン、デジタルフォトフレームや絵本などに電報を挟み、それを結婚式会場に届けるというサービスがあります。これを用いれば祝福の意を和やかな空気と共に伝えることができます。

その傾向

そもそも結婚式への電報(祝電)とは、当日に結婚式や披露宴に行けない人が、任意で祝福の気持ちを伝えるために用いるものです。では、どのタイミングで送ればよいのかと言いますと、最近では結婚式が午後からなら、その当日に申し込んでも構わないとされています(結婚式の前日ならば、まず断られることはありません)。しかし、各地域や利用する会社により若干の違いが生じるものですから、基本的には結婚式から二日か三日ほど前に申し込む(割引制度があるところは多いですが、あまり早く申し込むと、会場側が祝電の保管・管理の負担を背負うことになるので、注意が必要です)のがベストです。最悪でも披露宴開始一時間前には届くように手配してください。